Conference on Copyright for Digital Millennium
 
デジタル時代の著作権協議会とは
デジタル時代の著作権協議会 会則

■ 名称

第1条 本会の名称は「デジタル時代の著作権協議会」とする。英文では Conference on Copyright for Digital Millennium(略称CCD)と表示する。

 

■ 目的・事業

第2条 本会は、デジタル化、ネットワーク化時代に則した著作権及び著作隣接権の保護と公正な利用を促進し、併せて研究成果の公開により著作権思想の普及に寄与することを目的とする。

 

■ 会員

第3条 本会の会員は、前条の目的に賛同して入会した権利者及び製作者等の団体とする。

 

■ 役員の設置・任期

第4条 本会には、次の役員をおく。

一 幹事 8名以上15名以下 (うち代表幹事1名、副代表幹事3名)

二 監事 2名

役員は、総会で選任し、代表幹事、副代表幹事は幹事の互選で定める。

代表幹事は本会を代表する。

副代表幹事は代表幹事を補佐し、必要な場合その職務を代行する。

幹事は幹事会を組織し、会則に定める職務を行う。

役員の任期は2年とする。但し再任を妨げない。

 

■ 会議・組織等

第5条 本会に、次の会議・組織等をおく

(1)総会
 会員で構成し、事業計画・報告及び予算・決算、役員の選任、会則等基本的事項を決める。
(2)幹事会
 幹事で構成し、総会の基本方針に基づいて、本会を運営し、かつ会員の入退会の承認に係る事務を取り扱う。
(3)主査・副主査会議
 研究会等の主査・副主査で構成し、研究会等で扱うテーマなど研究会等の運営に関することを討議する。
(4)研究会等
 本会の活動のため、研究会等必要な組織を設置することができる。研究会等の設置、運営方法は、幹事会が定める。
(5)事務局
 総会・幹事会の決議に基づき会務に従事する。

 

■ 会費

第6条 会員は、本会の運営に必要な会費を負担する。会費の額は総会で決定する。
2 一旦納入された会費については、いかなる理由があってもこれを返還しない。

 

■ 附則

第1条 この会則は、平成11年4月1日より実施する。

 

■ 附則

第1条 この会則は、平成15年6月10日より実施する。


Copyright © 2000- Conference on Copyright for Digital Millennium (CCD). All Rights Reserved.